(最終更新日:2022-07-01 14:23:24)
  アキヅキ カズノリ
  秋月 千典
   所属   目白大学  保健医療学部 理学療法学科
   職種   専任講師
■ 学歴
1. 2012/04~2015/03 茨城県立医療大学大学院 保健医療科学研究科 保健医療科学専攻 博士後期課程修了 保健医療科学博士
2. 2010/04~2012/03 茨城県立医療大学大学院 保健医療科学研究科 理学療法学・作業療法学専攻 博士前期課程修了 理学療法学修士
3. 2005/04~2009/03 茨城県立医療大学 保健医療学部 理学療法学科 卒業 学士
■ 著書・論文歴
1. 2022/07 著書  明日の運動療法を磨く理学療法プラクティス こだわり抜くバランス練習   (共著) 
2. 2022/06 論文  A study on how concurrent visual feedback affects motor learning of adjustability of grasping force in younger and older adults Scientific Reports 12,pp.10755 (共著) 
3. 2022/04 論文  課題難易度がバランス課題の遂行成績およびメンタルワークロードに与える影響 神戸国際大学リハビリテーション研究 13,3-11頁 (共著) 
4. 2022 論文  Association between the Effects of Positive Social-Comparative Feedback and Learners’ Competitiveness Journal of Motor Behavior in press [Epub ahead of print] (共著) 
5. 2021/11 論文  Association between static stretching load and changes in the flexibility of the hamstrings Scientific Reports 11,pp.21778 (共著) 
全件表示(50件)
■ 所属学会
1. 2009/04~ 日本理学療法士協会
2. 2011/04~ 理学療法科学学会
3. 2015/04~ 日本物理療法学会
4. 2015/04~ 日本スポーツ心理学会
5. 2021/04~ 日本転倒予防学会
■ 現在の専門分野
スポーツ心理学, 転倒予防, 運動制御・運動学習, 理学療法学 (キーワード:医学教育、転倒予防、リハビリテーション、理学療法、運動制御、運動学習) 
■ 学会発表
1. 2016/11/05 運動学習理論に基づいた技能獲得のための方法論(第85回理学療法科学学会学術大会)
■ 講師・講演
1. 2022/06/01 運動学習理論の臨床実践
2. 2021/08/07 運動学習
3. 2017/11/18 脳卒中患者に対する理学療法と運動学習理論―課題難易度と動機づけ―
4. 2014/09/21 Challenge point framework(岩手)
5. 2013/06/23 運動制御と運動学習(福岡)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2022/04~2025/03  バランストレーニングにおけるセルフコントロールの効果とそのメカニズムの解明 若手研究 
2. 2018/04~2023/03  高齢者の能力にあわせて難易度が調整できる新たなバランストレーニングの開発 若手研究 
3. 2016/04~2017/01  学習者の課題遂行成績に応じた可変性フィードバック付与の有効性に関する検討 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2015/07~2016/03  関節可動域テストの正確さと再現性に習熟度が与える影響の検討 競争的資金等の外部資金による研究 
■ 授業科目
1. 神経系疾患理学療法学
2. 神経系疾患理学療法学演習
3. 理学療法評価学Ⅱ
4. 小児疾患理学療法学
5. 小児疾患理学療法学演習
全件表示(8件)
■ 受賞学術賞
1. 2020/04 Society of Physical Therapy Science 2019 Excellent Paper Award (Differences in skill level influence the effects of visual feedback on motor learning)
2. 2014/04 Society of Physical Therapy Science 2013 Excellent Paper Award (Changes in practice schedule and functional task difficulty: A study using the probe reaction time technique)
■ 社会における活動
1. 2021 2021年度認定必須研修会e-ラーニング教材制作(運動学習)
2. 2015/11 第24回埼玉県理学療法学会
3. 2015/09~2018/03 日本糖尿病理学療法学会 総務部会 部員
4. 2014/05~2018/03 埼玉県理学療法士会 新人教育部員
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ ホームページ
   researchmap
■ 科研費研究者番号
00748957
■ 外部研究者ID
orcID https://orcid.org/0000-0001-9576-9952