(最終更新日:2022-03-18 15:59:02)
  イノウエ タイキ
  井上 大樹
   所属   目白大学  保健医療学部 理学療法学科
   職種   助教
■ 学歴
1. 筑波大学 人間総合科学研究科 体育学専攻 博士前期課程修了
■ 著書・論文歴
1. 2021/11 論文  Combined effect of daily physical activity and social relationships on sleep disorder among older adults: cross-sectional and longitudinal study based on data from the Kasama study BMC Geriatrics 21(1),pp.623-633 (共著) 
2. 2021/03 論文  「シニアストレッチリーダー」養成講座プログラムの紹介と受講による効果について 日本公衆衛生学会雑誌 68(5),363-371頁 (共著) 
3. 2021/01 論文  Associations between exercise with others and physical and cognitive functions among community-dwelling older adults:A cross-sectional study using data from the Kasama Study Journal of physical therapy science 33(1),pp.15-21 (共著) 
4. 2021/01 論文  地域在住高齢者に対するストレッチング日誌を活用した高齢運動ボランティアによる指導の効果~ランダム化比較試験~ ヘルスプロモーション理学療法研究 10(4),163-172頁 (共著) 
5. 2020/05 論文  Effects of morning versus evening home-based exercise on subjective and objective sleep parameters in older adults:a randomized controlled trial Journal of Geriatric Psychiatry and Neurology 34(3),pp.232-242 (共著) 
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 日本体力医学会
2. 日本公衆衛生学会
3. 日本理学療法士協会
4. 日本老年医学会
5. 日本認知症予防学会
全件表示(6件)
■ 現在の専門分野
栄養学、健康科学, リハビリテーション科学, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない (キーワード:認知機能、二重課題、シューズ) 
■ 学会発表
1. 2019/10 靴のサイズ適合性は高齢女性の静的バランス能力に影響を及ぼすか?(第6回日本予防理学療法学会)
2. 2019/10 高齢者を対象とした新しい認知機能訓練機器”Peg Amore”の効果:運転免許更新時の認知機能検査を指標としたパイロットスタディ.(第78回日本公衆衛生学会総会)
3. 2019/09 椅子立ち上がり動作時の地面反力は地域高齢者の身体的フレイルを反映するか(第74回日本体力医学会大会)
4. 2018/10 Relationship between the combination of leisure-time physical activity and fear of falls on physical function in older people(The 7th International Society for Physical Activity and Health Congress)
5. 2018/09 靴のサイズ適合性が 高齢者の静的バランス能力に与える影響(第73回日本体力医学会)
全件表示(8件)
■ 社会における活動
1. 2016/12 東京都福生市 家族介護教室
■ 委員会・協会等
1. 2021/10/01~ 日本予防理学療法学会 編集委員
2. 2021/07~ 日本予防理学療法学会 評議員
3. 2015/04~2018/03 東京都理学療法士協会 西多摩南多摩ブロック 部員
■ メールアドレス
  kyoin_mail