(最終更新日:2022-05-23 14:28:01)
  シン ジョンウン   Shin Jeong Eun
  申 貞恩
   所属   目白大学  外国語学部 韓国語学科
   職種   専任講師
■ 学歴
1. 筑波大学 人文科学研究科 博士課程修了 学術
■ 著書・論文歴
1. 2020/08 論文  二重目的語構文の語順と要因についてー文章産出タスクの結果からー 日本學報 (124),61-79頁 (単著) 
2. 2020/06 論文  問題項目の困難度に影響を及ぼす要因について − 文の組み立て問題項目を中心に − 日本語学研究 (64),19-36頁 (単著) 
3. 2018/02 論文  日本語の移動表現におけるニ格名詞句の場所性に関する研究   (単著) 
4. 2016/10 論文  日韓移動表現における名詞の場所性―日本語の「に行く」と韓国語の「에 가다」 表現研究 (104),59-68頁 (単著) 
5. 2016/06 論文  名詞の場所性と「行く」「着く」「向かう」の関係性―容認度判断調査の結果を中心に― 日本語学研究 (48),33-48頁 (単著) 
全件表示(11件)
■ 現在の専門分野
日本語教育のための日本語研究, 第二言語習得, 語彙と意味、文法, 対照言語学 (キーワード:日本語文法、韓国語文法、語順、移動表現、格助詞、モダリティ、二重目的語構文) 
■ 講師・講演
1. 2017/03 教材分析Ⅱ(埼玉韓国教育院)
2. 2017/02 教材分析Ⅰ(埼玉韓国教育院)
3. 2016/12 教室内でのFeedback(埼玉韓国教育院)
■ 授業科目
1. ベーシックセミナーⅠ
2. 韓国基礎作文
3. 韓国留学Ⅰ「上級文法②上級作文②」
4. 韓国語基礎文法
5. 韓国語専門セミナーA
全件表示(8件)
■ 受賞学術賞
1. 1998/05 慶熙大学校 98全国外国語大会(スペイン語)入賞
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2018/05/01~2019/03/31 筑波大学 人文社会系・博士特別研究員
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 言語構造 Link
■ 社会における活動
1. 2021/11 第22回 東京韓国語スピーチ大会 審査委員
2. 2021/06 第27回 在日韓国人学生韓国語弁論大会 審査委員
3. 2017/03 韓国文化広報力量強化研修会 講師
4. 2017/02 韓国文化広報力量強化研修会 講師
5. 2016/12 韓国文化広報力量強化研修会 講師
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 科研費研究者番号
10828289