(最終更新日:2022-07-05 12:32:19)
  タナカ リョウゾウ   Tanaka Ryozo
  田中 亮造
   所属   目白大学  保健医療学部 理学療法学科
   職種   専任講師
■ 学歴
1. 2016/04~2018/03 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 生涯発達専攻 博士前期課程修了 修士(リハビリテーション学)
■ 著書・論文歴
1. 2022/10 論文  The utilization and demographic characteristics of in-hospital rehabilitation for acute vestibular neuritis in Japan Auris Nasus Larynx 49(5),pp.762-767 (共著) 
2. 2022/02 論文  Relationship between physical activity and dizziness handicap inventory in patients with dizziness -A multivariate analysis Auris Nasus Larynx 49(1),pp.46-52 (共著) 
3. 2022 論文  Efficacy of supervised vestibular rehabilitation on functional mobility in patients with chronic vestibular hypofunction Journal of Physical Therapy Science  (共著) 
4. 2022 論文  Factors affecting the outcome of vestibular rehabilitation in patients with peripheral vestibular disorders Auris Nasus Larynx  (共著) 
5. 2022 論文  Prevalence and risk factors of sarcopenia in patients with dizziness Otology & Neurotology  (共著) 
全件表示(15件)
■ 所属学会
1. 2018/09~ 日本めまい平衡医学会
2. 2018/05~ 日本リハビリテーション連携科学学会
3. 2018/05~ 日本義肢装具学会
4. 2013/06~ 日本理学療法士協会
■ 現在の専門分野
リハビリテーション科学・福祉工学 (キーワード:前庭リハビリテーション,めまい,切断) 
■ 学会発表
1. 2022/06/12 両側前庭障害者におけるめまい症状と歩行・バランス能力に対する前庭リハビリテーションの有効性(第1回日本前庭理学療法研究会学術集会)
2. 2021/09/04 慢性めまい高齢患者に対する前庭リハビリテーションの効果(第40回関東甲信越ブロック理学療法士学会)
3. 2020/11/27 慢性一側前庭障害者に対する前庭リハビリテーションの有効性について-眼運動機能に対する効果-(第79回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会)
4. 2020/08/21 慢性めまい患者に対する前庭リハビリテーション治療効果(第57回 日本リハビリテーション医学会学術集会)
5. 2019/10/25 慢性末梢前庭障害患者に対する理学療法士介入前庭リハビリテーションの効果 介入頻度の違いによる検討(第78回 日本めまい平衡医学会総会学術講演会)
全件表示(7件)
■ 講師・講演
1. 2021/11/12 はじめての福祉機器 選び方・使い方セミナー 福祉車両編(東京ビッグサイト)
2. 2019/09/27 はじめての福祉機器 選び方・使い方セミナー 福祉車両編(東京ビッグサイト)
■ 授業科目
1. 理学療法評価学Ⅰ
2. 神経系理学療法学演習
3. 義肢装具学演習
4. 基礎理学療法学演習
5. 運動学実習
全件表示(15件)
■ 委員会・協会等
1. 2019~ 日本リハビリテーション連携科学学会 会報編集委員会 委員
2. 2018~ 日本理学療法士協会新人教育部 部員
■ メールアドレス
  kyoin_mail