(最終更新日:2022-04-05 16:11:17)
  ジュ ヨンシル   JU YEONGSIL
  周 英實
   所属   目白大学  保健医療学部 言語聴覚学科
   職種   助教
■ 学歴
1. 2012/04~2014/03 筑波大学 修士課程修了 修士(行動科学)
2. 2014/04~2017/03 筑波大学 博士課程修了 博士(行動科学)
■ 著書・論文歴
1. 2022 論文  The influence of orthographic units across Korean children of different ages in Hangul reading. Frontiers in Psychology. 2022.797874. Frontiers in Psychology  (共著)  Link
2. 2022 論文  韓国語を第一言語とする日本在住児童の日本語の読み書きの到達度について−改訂版標準読み書きスクリーニング検査(STRAW-R)を用いて− 健康科学研究 15,73-79頁 (共著) 健康科学研究 15  (共著) 
3. 2019/03 著書  合理的配慮ハンドブック~障害のある学生を支援する教職員のために~  92-96頁 (共著) 
4. 2017/09 著書  大学、短期大学及び高等専門学校における障害のある学生の修学支援に関する実態調査分析報告(対象年度:平成17年度(2005年度)~平成28年度(2016年度))  8-33頁 (共著) 
5. 2017 論文  韓国語話者児童の読み方略における発達的変化について   (単著) 
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. KOREAN SPEECH-LANGUAGE & HEARING ASSOCIATION
2. 2022/01~ ∟ International Exchange Director
3. 2022/03~ ∟ 編集委員
4. The Korean Association of Speech-Language Pathologisis
5. 日本特殊教育学会
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2022/02 Reading and writing attainment in Korean (L1) - Japanese (L2) bilingual children using the STRAW-R(Association for Reading and Writing in Asia (ARWA) 2022 (Online))
2. 2021/10 外国にルーツのある児童への読み書きと語彙検査の適用可能性について〜韓国語と日本語のバイリンガル児童を対象として〜(第20回発達性ディスレクシア研究会)
3. 2021/09 障害の疑いのある外国にルーツを持つ児童への アセスメントに関する課題(日本特殊教育学会 第59回大会)
4. 2018/02 Developmental changes in reading strategy among Korean Speaking Children: A Cross-Sectional Study from preschool to third grades of primary school(Association for Reading and Writing in Asia 2nd Conference (ARWA2018))
5. 2016/02 Cognitive abilities and early literacy predict later reading and spelling achievement: A longitudinal study from first through fourth grades of primary school(East Asia Joint Symposium on Reading and Spelling(EARAS))
全件表示(10件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2022/04~2026/03  発達性読み書き障害のあるバイリンガル児童の早期発見から支援までのシステム構築 若手研究 
2. 2018/08~2020/03  読み書きが困難な日本語と韓国語バイリンガル児童における検査法と効果的指導法 研究活動スタート支援 
■ メールアドレス
  kyoin_mail