(最終更新日:2021-06-21 16:09:29)
  ミネムラ コウヘイ
  峯村 恒平
   所属   目白大学  人間学部 児童教育学科
   目白大学  大学院 リハビリテーション学研究科
   職種   専任講師
■ 学歴
1. 信州大学 学士
2. 横浜国立大学 大学院 教育学研究科 修士課程修了 修士
■ 著書・論文歴
1. 2021/03 著書  「教育実践効力感(大学生用)」の尺度開発と尺度に基づく学生支援の在り方の検討:調査研究報告書 「教育実践効力感(大学生用)」の尺度開発と尺度に基づく学生支援の在り方の検討:調査研究報告書  (共著) 
2. 2021/03 論文  「教育の市場化と通信制高校」という試論ー高等教育機関へ「進学する」という進路選択に着目して 人と教育 : 目白大学教育研究所所報 15,114-122頁 (単著) 
3. 2021/03 論文  高等学校教員の知識・教育実践と大学で受けた教育の専門性との関連 目白大学高等教育研究 27,11-19頁 (共著) 
4. 2021/02 著書  実りある教育実習のために   (共著) 
5. 2020/10 論文  学校インターンシップカリキュラムの開発に向けた実践と検討 日本教育工学会研究報告集 20(3),143-148頁 (共著) 
全件表示(59件)
■ 所属学会
1. 日本キャリア教育学会
2. 日本教育工学会
3. 日本教育社会学会
4. 日本数学教育学会
■ 現在の専門分野
教育工学, 教育学, 教育社会学, 教科教育学 (キーワード:高等教育論、教員養成、キャリア教育、教育社会学、算数科教育、) 
■ 学会発表
1. 2020/09/19 初期教員養成期を対象とした教育実践効力感尺度の開発(日本教育心理学会第62回総会)
2. 2020/09/07 高山市における子育て環境に関する現状と課題(第2回飛騨高山学会)
3. 2020/07/10 ひとり親家庭の保護者の悩みに関する現状と課題~高山市における質問紙調査から~(子ども環境学会2020年大会(抄録夏号掲載取扱))
4. 2020/06/07 大学初年次教育におけるレポート作成スキルの向上を目標とした授業開発研究(大学教育学会第42回大会)
5. 2020/06/07 大学教員の授業力向上に向けた取り組み:アクティブ・ラーニングに関するハンドブックの作成(大学教育学会第42回大会)
全件表示(22件)
■ 資格・免許
1. 2020/10 専門社会調査士
2. 2015/12 専門統計調査士
3. 2015/02 認定心理士
4. 2015/03 中学校教諭専修免許状(社会)
5. 2015/03 高等学校教諭専修免許状(公民)
全件表示(11件)
■ ホームページ
   (峯村恒平:researchmap)
■ 科研費研究者番号
50759371