(最終更新日:2021-07-07 15:55:54)
  サイトウ アズサ   Azusa Saito
  齋藤 梓
   所属   目白大学  心理学部 心理カウンセリング学科
   目白大学  大学院 心理学研究科
   職種   専任講師
■ 学歴
1. 1998/04~2002/03 上智大学 文学部 心理学科 卒業 学士(心理学)
2. 2002/04~2004/03 上智大学 文学研究科 心理学専攻 博士前期課程修了 修士(文学)
3. 2004/04~2010/03 上智大学大学院 文学研究科 心理学専攻 博士後期課程単位取得満期退学
4. 上智大学 文学研究科 心理学専攻 博士後期課程単位取得満期退学 博士(心理学)
■ 著書・論文歴
1. 2021/03/30 著書  子どものトラウマとPTSDの治療 エビデンスとさまざまな現場における実践   (共著) 
2. 2021/01 論文  「被害者」を包括的に支援するには? 臨床心理学 21(1),49-54頁 (単著) 
3. 2020/11/20 著書  性被害の実態調査アンケート   (共著) 
4. 2020/07/01 論文  Effectiveness of trauma-focused cognitive behavioral therapy for Japanese children and adolescents in community settings: a multisite randomized controlled trial European Journal of Psychotraumatology 11(1) (共著) 
5. 2020/06 著書  性暴力被害の実際 被害はどのように起き、どう回復するのか   (共著) 
全件表示(36件)
■ 所属学会
1. 心理臨床学会
2. 日本トラウマティックストレス学会
3. 日本児童思春期精神医学会
4. 日本犯罪心理学会
■ 現在の専門分野
臨床心理学 (キーワード:犯罪被害、性暴力、PTSD) 
■ 講師・講演
1. 2021/03/04 自他の尊厳を守ろうー性暴力のない社会に向けて私たち一人一人ができること 慶應義塾から始める一歩―
2. 2021/02/27 性暴力被害に遭った子どもへの対応(オンライン)
3. 2020/12/18 交通事故できょうだいを亡くした子供に対する心理的支援の事例(オンライン)
4. 2020/11/27 社会全体で犯罪被害者等を支えていくために 身近な窓口や条例による支援の充実について(オンライン)
5. 2020/10/24 犯罪被害者の早期支援について 事例をもとに
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2023/03  性被害の被害者心理と援助要請行動に関する研究 基盤研究(C) 
2. 2019/04~2022/03  TF-CBTおよびトラウマインフォームドケアの効果的な普及啓発方法に関する研究 基盤研究(B) 
3. 2017/04~2020/03  性被害者の援助要請行動に関する研究 国内共同研究 
4. 2016/04~2019/03  子どもの心的外傷関連障害治療プログラムの多機関における効果検証と応用に関する研究 国内共同研究 
5. 2013/04~2017/03  性被害後の心理的特性とその支援 個人研究 
全件表示(6件)
■ 資格・免許
1. 2006/04/01 臨床心理士
2. 2019/04/01 公認心理師
■ 委員会・協会等
1. 2020/04~2021/05/31 性犯罪に関する刑事法検討会 委員
2. 2017 犯罪被害類型別調査企画分析会議 委員
3. 2015/10~2016/08 法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会 幹事
4. 2014/10~2015/08 性犯罪の罰則に関する検討会 委員