(最終更新日:2022-08-03 13:32:12)
  ヤノ ヒデノリ
  矢野 秀典
   所属   目白大学  保健医療学部 理学療法学科
   目白大学  大学院 リハビリテーション学研究科
   職種   教授
■ 学内役職・委員
1. 2020/04/01~ 目白大学 学部長
■ 学歴
1. 東北大学大学院 医学系研究科 障害科学専攻 博士後期課程修了 博士
2.
(学位取得)
筑波大学 修士
■ 著書・論文歴
1. 2021/07/27 著書  神経障害理学療法学  109-135頁 (共著) 
2. 2020/03/31 論文  アクティブ・ラーニングに関する実態調査と実例集作成の試み
-授業力向上に向けた2年間の活動報告- 人と教育 (9),90-99頁 (共著) 
3. 2020/02/29 論文  学外臨床実習を受講できるレベルの臨床的知識・技術の習得 アクティブラーニング事例集2020 4-5頁 (単著) 
4. 2019/02 論文  Mirror Visual Feedbackを得る際の対象側手の条件の違いが運動学習に与える影響 理学療法科学 34(1),97-101頁 (共著) 
5. 2017/02/28 論文  大学入学前教育としてのe-ラーニング導入効果-理学療法学科入学前教育プロジェクトの取り組み- 人と教育 (11),23-27頁 (共著) 
全件表示(28件)
■ 所属学会
1. 日本リハビリテーション連携科学学会
2. 日本体力医学会
3. 日本公衆衛生学会
4. 日本理学療法士協会
5. 日本老年医学会
■ 現在の専門分野
リハビリテーション科学・福祉工学, 応用健康科学, 公衆衛生学・健康科学 (キーワード:老年学、介護予防・支援技術、運動指導論、ヘルスプロモーション、運動処方と運動療法、健康増進、虚弱高齢者、身体活動量、健康寿命、健康教育) 
■ 学会発表
1. 2021/09/04 虚弱高齢者に対するバス旅行の提供と運動の意識づけについて -要介護度・年齢からの検討-(第40回関東甲信越ブロック理学療法士学会)
2. 2021/09/04 虚弱高齢者対象のバス旅行が機能訓練として貢献できるか? -参加目的と運動実施度からの検討-(第40回関東甲信越ブロック理学療法士学会)
3. 2021/06/06 遠隔授業に対する学生の認識 -対面授業との比較から-(大学教育学会第43回大会)
4. 2020/01/19 介護老人保健施設における理学療法士のポジショニングに対するアンケート調査― 経験年数による比較 ―(第28回埼玉県理学療法学会)
5. 2020/01/19 介護老人保健施設における褥瘡予防対策としてのポジショニングに関する調査~PTと多職種の連携の困難さの違い~(第28回埼玉県理学療法学会)
全件表示(67件)
■ 講師・講演
1. 2022/03/05 コロナ禍における専門家の成功例・失敗例―リハビリテーション専門職教育の例―(オンライン開催)
2. 2021/08/04 症例検討会で発表するために~情報収集~(オンライン開催)
■ 受賞学術賞
1. 2021/06 (公益社団法人)日本理学療法士協会 日本理学療法士協会賞
■ 委員会・協会等
1. 2016/04~ (一社)リハビリテーション教育評価機構 認定評価員
2. 2016/04~ (公社)日本理学療法士協会 代議員
3. 2015/04~ (公社)埼玉県理学療法士会 学会評議員長
4. 2013/04~ (公社)埼玉県理学療法士会 理事(学術局長)
5. 2011/04~ 日本リハビリテーション連携科学学会 常任理事
全件表示(11件)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 科研費研究者番号
40438891