photo
    (最終更新日:2022-07-09 21:41:50)
  タイナカ チヅル
  胎中 千鶴
   所属   目白大学  外国語学部 中国語学科
   目白大学  大学院 言語文化研究科
   職種   教授
■ 学内役職・委員
1. 2014/04/01~ 目白大学 学科長
2. 2018/04/01~ 目白大学 大学院専攻主任
■ 学歴
1. 立教大学 社会学部 産業関係学科 卒業
2. 立教大学 文学部 史学科 卒業
3. 立教大学大学院 文学研究科 史学専攻 博士前期課程修了 修士
4. 立教大学大学院 文学研究科 史学専攻 博士後期課程修了 博士
■ 著書・論文歴
1. 2020/10 著書  植民地台湾を語るということ-八田與一の「物語」を読み解く(追補改訂版)   (単著) 
2. 2020/04 論文  The “improvement of funeral ceremonies” movement and the creation of “modern” Japanese subjects in Taiwan during Japanese rule 『Contemporary Japan』 (32) (単著) 
3. 2019/09 著書  叱られ、愛され、大相撲! : 「国技」と「興行」の一〇〇年史   (単著) 
4. 2019/01 著書  あなたとともに知る台湾   (単著) 
5. 2019/01 論文  書評・『植民地台湾の映画-発見されたプロパガンダ・フィルムの研究』   (単著) 
全件表示(16件)
■ 所属学会
1. 日本台湾学会
2. 立教大学史学会
■ 現在の専門分野
東洋史学(中国史・台湾史) (キーワード:中国近現代史、植民地史 相撲史) 
■ 学会発表
1. 2021/05/29 台湾を学び、教える-台湾研究の成果をいかに社会に還元するか-(日本台湾学会第23回学術大会) Link
■ 講師・講演
1. 2021/11/01 あなたとともに知る台湾
2. 2021/01/09 台湾史のみかた-日本統治期・戦後・現代
3. 2020/11/28 日本統治時代の台湾における相撲をめぐる考察-「興行」と「国技」
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/04~2014/03  戦争・災害より見た近代東アジアの民衆宗教に関する比較史的考察 調査研究活動 採択名:基盤研究B 
2. 2010/04~2013/03  帝国日本の「外地」における相撲の受容と大相撲の「国技化」に関する調査研究 調査研究活動 採択名:基盤研究C 
3. 2008/04~2010/03  相撲の「国技化」をめぐる歴史学的研究-台湾・朝鮮・満州における相撲の受容過程を手がかりに- 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2007/04~2008/03  『葬儀の植民地社会史』の出版 学術図書 採択名:研究成果公開促進費 
5. 1999/04~2000/03  日本統治期台湾における日本仏教団体の活動 競争的資金等の外部資金による研究 
■ 主要学科目
「現代中国入門A・B」「中国の歴史」「中国の文化」「中国語専門セミナーA・B」「中国語特別セミナーA・B」「東アジアの言語と文化」
■ 教育上の能力
●教育に関する発表
1. 2021/05/29 台湾を学び、教える-台湾研究の成果をいかに社会に還元するか- Link
■ 社会における活動
1. 2022/07 (新聞・インタビュー)大関が、勝てない Link
2. 2022/01 (新聞・インタビュー)早大政経出の元関脇笠置山 知力と文才 Link
3. 2021/05 (新聞・書評)『世界のおすもうさん』(岩波書店) Link
4. 2021/03 (新聞・解説)横綱の引き際 どう考える Link
5. 2020/03 (新聞・インタビュー)相撲 無観客でも意味 Link
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2008~ 公益財団法人松下幸之助記念志財団 ブックレット委員 Link
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 科研費研究者番号
30550818
■ researchmap研究者コード
B000231280